気になるM字ハゲ専用と謳っている商品

M字ハゲの専用商品と謳っている育毛剤もあるようですね。私も以前は全然知りませんでした。ここでは、なぜ私がM字ハゲに効く育毛剤と謳われている商品を気にしているのか、果たして自分で使ってみたのかなどについて紹介していきましょう。
実は今、私は育毛剤を使っています。もちろん日々、薄くなっていく自分のおでこ部分のM字ハゲを克服するためです。
続きを読む

この投稿は2017年3月6日に公開されました。

濃くM字はげの部分の毛をできるタイプの商品

濃くM字はげの部分の毛をできるタイプの商品にはどのようなモノがあるのかを確認しておきましょう。M字はげの発毛に育毛剤で効果を得るのはどうすべき、ご覧ください。
育毛剤の効果を実感するためには、薄毛の原因に合ったものを選ぶことが大切です。育毛剤には男性ホルモンを抑制するもの、血行を促進するもの、栄養を与えるもの、皮脂の分泌を抑えるものなどがあります。

M字はげで悩んでいる方には、男性ホルモンを抑制するタイプの育毛剤がおすすめです。M字はげの原因になる物質がDHTです。
薄毛の部位でDHTの濃度が高くなっていると報告されていて、これが薄毛の原因ではないかといわれています。DHTは男性ホルモンのテストステロンが酵素によって変換されることでできます。
男性ホルモンを抑制するタイプの育毛剤は、テストステロンをDHTに変換する酵素の5αリダクターゼの働きを阻害します。
M字はげは髪が細く抜けやすくなることが特徴ですが、産毛が残っているので、髪が太く長く育つ可能性があります。
育毛剤の効果を実感するには、最低でも3か月は継続して使う必要があるので、すぐに変化がでないからとあきらめず、長く継続して使ってみてください。
M字発毛なび

この投稿は2017年3月6日に公開されました。

M字はげはストレスが引き金だったので育毛剤でケアをした

M字はげはストレスが引き金だったので育毛剤でケアをしていた私の体験談です。
私がM字はげになった原因は、ストレスでした。
25歳の頃、塾のアルバイト講師をしていたのですが、その時に、とても周囲に迷惑をかける女子生徒がいて、少しでも気に入らないことがあると、「この塾の悪い評判を周囲に言いふらしてやる。」などと暴言を吐き、周囲を困らせていました。

週に1回、その女子生徒に英語を教えるために会わなければならないのがストレスで、気がつくと、私の額は少しずつ後退していき、M字はげになりました。
ただ、普段は前髪を下ろしていたので、周囲には全くバレませんでした。
なので、意外にショックは受けませんでした。
経営の悪化により、私が塾を辞めるまで、その女子生徒とは1年近く接したのですが、授業で会う日は、額を、指の腹でマッサージして、少しでも血流を良くしようと努力しました。
他にも、毛活源という育毛剤を買って、毎日、風呂上がりに付けていました。
シャンプーは花王のキュレルの商品を使っていました。
ヘッドスパにも、月に1回は通って、頭皮を綺麗にしてもらい、髪に栄養を与えていました。
ヘッドスパは1回に1万円位必要ですし、育毛剤も1本当たり2500円位するので、結構な負担でした。
ただ、そのように髪の健康を気遣う生活をしていたら、少しずつ、M字にハゲていた部分から髪の毛が生えてきました。
塾で働いていた時は、夜遅くまで授業があり、早く寝ることができなかったのですが、塾を辞めてからは早く寝ることができるようになったので、より髪の健康に良い生活になりました。
塾を辞めてからも1年くらいヘッドスパ、育毛剤を続けた結果、M字はげは、完全には治りませんでしたが、生え際も回復し、M字ではなくなりました。
前述したように、以前から前髪を下ろしていたので、周囲には、禿げているかどうかがわからないですし、育毛生活に疲れていたので、ヘッドスパと育毛剤を中断しました。
完全に元通りではないですが、生え際が随分と回復したので、満足しています。
早めの対応がM字はげに功を奏したのだと思います。
M字はげの治療の内容まるわかり

この投稿は2017年3月6日に公開されました。